妊活に必要なサプリメント、「葉酸サプリ」とは?調べてみた!

葉酸の役割

厚生労働省が唯一推進している栄養素

妊活をしていると、自分に悪いところがないかと何かサプリメントを試したくなるものです。

葉酸は、厚生労働省が唯一推進している栄養素(サプリメント)となります。ビタミンBの一種ですので、食べ物からも摂ることができるのですが、継続的にとることが難しいので、赤ちゃんの成長を正常にするためにサプリメントもおすすめとなります。

他にもメーカーによってはザクロなど、他の栄養素を推進していてサプリメントを製造している会社もありますが、厚生労働省が認める栄養素は葉酸のみとなっています。

葉酸には、胎児の異常(神経管閉鎖障害)のリスクを減らすことができるといわれています。胎児の神経管に障害が起こることにより、脊椎に癒着不全が生じる二分脊椎が、日本では発症率がほとんどとなっています。

二分脊椎にかかると、歩きずらくなったり、排せつしにくいなど、一生の間リハビリが必要になることもあります。

参照サイト→https://ninkatsuyosandays.com/

他のおすすめの栄養素はカルシウムと鉄

もちろん葉酸だけを摂っていればよいわけでなく、妊娠前は赤ちゃんが過ごしやすくなるようなバランスが整った食事を食べることは大切なことです。

特に重要なのが、血液をつくるための鉄と、骨を作るカルシウムです。鉄は、妊娠中は赤ちゃんの分も含め、通常の2倍必要な栄養素となります。

葉酸は貝類、レバー、豆類、ナッツ類、海藻類などに含まれていますが、女性の中には日頃のダイエットからの栄養不足や生理などで貧血になる人も多く、食べ物で継続的にとることが難しいことからサプリメントもおすすめです。

また、カルシウムは、日本人女性全体に不足しがちな栄養素です。女性は妊娠するための準備として、赤ちゃんの成長のためにも大切な栄養素となります。

乳製品、魚介類、大豆製品などに含まれていて、ヨーグルトや牛乳、豆腐など比較的摂りやすい栄養素ですが、毎日摂取することが難しいなら、サプリメントもおすすめとなります。

商品によっては葉酸と一緒に含まれているサプリメントもあります。